ウィンターギフト・お歳暮トップへ
販売期間:12/18(金)16:00まで 
コンテンツ企画
シクラメン特集 デザイナーシリーズ

ウィンターギフト特集

冬に鮮やかな花を咲かせるシクラメンは
ファンが多い人気のお花。
大切な人に贈りたいとっておきの
シクラメンをとりそろえました。

無料で「お歳暮のし」もお付けできます!

12/16(金)16:00まで

冬を彩るシクラメン
シクラメンは地中海沿岸地域が原産で、日本では秋〜春にかけて花を咲かせるため、冬を代表する鉢花として人気のお花です。
自然開花のシクラメン
イイハナからお届けするシクラメンは、一度に花を咲かせるための開花を早める薬を使い、花の開花を早めるのではなく、植物の本来の力で自然に開花するよう育てられています。
無理に花を咲かせていないので、お届け時の花数は少なめですが、次々に花が咲き長い期間にわたってお楽しみいただけます。
透き通るような美しい発色が魅力

ひらりと優雅にウエーブした、2色の花びらがかわいいシクラメン!

優雅なフリルが魅力
その名の通り、ひらりと、花全体が大きくウェーブがかった花びらが特徴的な「ひらり」シリーズ。大きな花びらが全体的にウェーブしているので、とても優雅な印象です。
今回お届けのサーモンピンクと白のバイカラーで、2色が複雑に混ざりあい、単色のシクラメンとは違った魅力があります。かわいさだけでなく豪華で高級感のある雰囲気が感じられます。
お届け開始:11/20〜
鉢植え「シクラメン ひらり」
価格:¥5,100
詳しくはこちら
ティアラのような華やかさ

抜群の安定感!永遠の人気を誇るビクトリア

ピンクの冠のような可憐なシクラメン
フリンジ咲きのシクラメンといえば『ビクトリア』と言っても過言ではないほどの不動の人気を誇ります。
その一番の魅力は、大きな白地の花びらにローズピンクのフリンジの縁取りが入った華やかさです。色合いがはっきりしており、冬の窓辺を鮮やかに彩ります。
お届け開始:11/20〜
鉢植え「シクラメン ビクトリア」
価格:¥5,100
詳しくはこちら

お花の生産者のご紹介

  • 登坂園芸のご紹介画像1
  • 登坂園芸のご紹介画像2
  • 登坂園芸よりお届け!
    周囲を山々で囲まれた冷涼な気候を生かし、四季折々の鉢花を栽培している登坂園芸。愛情込めて育てられたシクラメンの中からボリューム感のあるものを厳選してお届けします。
    登坂園芸のシクラメンは自然開花のため、5月頃まで次々と花が咲き続けます。
淡いピンクがかわいい

株一面に咲き誇る!可憐な小輪シクラメン

冬に舞う蝶!
フリフリの八重咲きの小輪の花が株一面に咲き、ひらひら舞う蝶のような印象です。
八重咲き品種なので、花粉がないため、開花期間が長いのも魅力です。
花は白地にピンクの筋が入りますが、それぞれ入り方が異なり、1輪1輪に個性があります。
たくさん花が咲くので、切り花として1輪差しで楽しむのもオススメです。
お届け開始:11/20〜
鉢植え「ふんわりシクラメン
ウィンクシャワーレッド」
価格:¥5,800
詳しくはこちら

お花の生産者のご紹介

  • さかもと園芸のご紹介画像1
  • さかもと園芸よりお届け!
    1975年創業の「さかもと園芸」。
    国内外の品評会で多数の受賞歴があり、園芸ファンにもよく知られています。現在は2代目のティアム・チャイさん、佳子さん夫妻が中心になって、『感動を与えられる花』、『花を好きになってもらいたい』をコンセプトにオリジナル品種の育種・栽培がおこなわれています。
    また、2019年の全国シクラメン品評会で農林水産大臣賞も受賞! 全国トップクラスの品質をご堪能ください。
明るく華やかなクリームイエロー

見ているだけで明るい気持ちに!幸せの黄色いシクラメン

優しいクリームイエローでお部屋を明るく
上品なクリーム色の大きな花びらに、ローズピンク色の花芯がよく映え、その色のコントラストが美しい「ゴールデンガール」。数多くのシクラメンの品種の中でも黄色系のシクラメンは品種数も少なく、珍しいシクラメンです。
黄色は「見ているだけで明るい気持ちになる色」と言われており、お部屋に飾るだけで周りをパッと明るくしてくれそうです。
お届け開始:11/20〜
鉢植え「シクラメン ゴールデンガール」
価格:¥5,600
詳しくはこちら

お花の生産者のご紹介

  • 谷澤さんのご紹介画像1
  • 谷澤さんのご紹介画像1
  • 谷澤園芸よりお届け!
    花を栽培して25年の大ベテラン谷澤園芸で愛情込めて育てられているシクラメンは、よりボリューム感のある株に仕上げるため葉組みを行うなど一鉢一鉢丁寧に管理がされています。
    手間をかけて大切に育てられたシクラメンはボリューム感たっぷりの仕上がりとなっています。
希少品種!

セレブな印象のブルーシクラメン

魅力満載!
自分へのご褒美に贈りたいシクラメン
まずは届いた時の大きさに圧倒されてください!
優雅なフリンジの濃い紫色のセレブな印象のブルーシクラメン「モルフォ」。1輪1輪の花の存在感に圧倒されます。
ウィンターギフトとしてはもちろん自宅用にもオススメの品種です。
お届け開始:12/10〜
鉢植え
「シクラメン モルフォ」
価格:¥9,000
詳しくはこちら
北島さんオリジナル品種!

クラシカルな印象の個性的なシクラメン

個性的なシクラメンをお探しならコレ!
花びらのような白いガクとクラシカルなワインレッドの花びらとのコントラストが美しい個性的なシクラメンです。ガクが大きいため通常のシクラメンのように反り返らず、うつむき気味に花を咲かせます。
目線の位置に飾るのも素敵ですが、目線よりも低いところに飾って上から見下ろすように観賞するのがオススメです。
お届け開始:12/10〜
鉢植え「シクラメン ルビーフェアリー」
価格:¥7,000
詳しくはこちら

お花の生産者のご紹介

  • 北島園芸のご紹介画像1
  • 北島園芸のご紹介画像2
  • 北島園芸よりお届け!
    オリジナル品種にこだわる北島園芸さん。モルフォとルビーフェアリーも北島さんのオリジナル品種で、生産数も少なく市場にもほとんど出回らない希少品種です。
    奈良盆地という高温多湿になる過酷な栽培環境で育ったシクラメンは環境の変化に強くなります。また、植物を育てる基本となる土にもこだわり、植物に合わせたオリジナルブレンドの土を使用しています。

こちらもおすすめ!

鮮やかな白と赤紫のグラデーションが
美しい人気品種!

お届け開始:11/25〜
鉢植え
「シクラメン プルマージュ」
価格:¥4,500 (税込 ¥4,950)
ご購入はこちら

プリンセスドレスのような
優雅なフリルのシクラメン

お届け開始:12/12〜
鉢植え
「シクラメン アランチーニドレス」
価格:¥4,500 (税込 ¥4,950)
ご購入はこちら

シクラメンについて

冬に咲く花はいろいろありますが、冬の花の代表と言っても過言ではないのがシクラメンです。
球根植物であるシクラメンは、うつむくように咲く姿とハート形の鮮やかな葉が愛らしい印象を与える花です。
初心者でも育てやすいとされ、ギフトとしても喜ばれるシクラメンはどんな花なのでしょうか?

シクラメンとは

北アフリカから中近東、ヨーロッパの地中海沿岸地域を原産国とするシクラメンは、サクラソウ科シクラメン属に属する多年草です。シクラメンの名前の由来は、球根の丸に因んだギリシャ語の「Kuklos(円の意味)」から来ています。和名は、「篝火花(かがりびばな)」。確かによく見ると、花茎の先が反り返って花を咲かせる姿が篝火によく似ています。そんなシクラメンは品種改良が盛んに行われ、花弁の形や花色はさまざまで、八重咲きやロココ咲きのものも高い人気があります。
シクラメン全体の花言葉は、「遠慮」「気おくれ」「内気」「はにかみ」です。色によって花言葉が異なり、白は「清純」「綿密な判断」「思いやり」、ピンクは「憧れ」「内気」「はにかみ」、赤は「愛情」「きずな」「はにかみ」「嫉妬」、紫は「思いが響き合う」「絆」の花言葉があります。

冬に贈りたいギフト

シクラメンの開花時期は、比較的長いのが特徴です。ギフトとして人気のある冬咲きのシクラメンの開花時期は、12〜3月です。お歳暮やクリスマスのギフトを贈る時期には、満開の美しい姿で楽しませてくれるでしょう。冬は春と違い、日照時間の違いや気温の低下でどうしても咲く花が少なくなりがちです。
シクラメンは、上品な印象を与える花なので和風洋風問わずどんなインテリアにも合います。お部屋をより一層華やかにしてくれるでしょう。ただ赤いシクラメンは、炎が燃えている様子を連想させることから、新築祝いのプレゼントとして避けるのが一般的です。

初心者にも育てやすい

シクラメンは、置き場所や水やりの頻度さえ間違えなければ初心者でも育てやすい花です。冬の花であるシクラメンは寒さに強そうというイメージがありますが、ガーデンシクラメンでも耐寒性はそれほど高くありません。気温が5度を下回ると葉が萎れ、霜が降りると最悪枯れてしまいます。
日本の気候では、地植えではなく室内で鉢植えで育てるのがおすすめです。冬は日光が良く当たる窓辺で管理し、梅雨から夏にかけては風通しの良い半日陰で休眠させましょう。夏を無事に越すことができれば、毎年美しい花を楽しむことができます。
また、球根から根が出ているシクラメンは、水をあげすぎると根腐れを起こしやすくなります。土の表面が乾いたら、葉にかからないように注意しながら鉢底から水があふれるまでたっぷりと水をあげましょう。やや乾燥気味に育てるのも、シクラメンを上手に育てるコツの一つです。

色や花弁のバリエーションが豊か

シクラメンは、多様な花色が魅力の花です。花弁がフリル状になっているものや色がグラデーションになっているものなどそのバリエーションは多彩そのもの。アロマのような香りで癒される品種も多くあります。特に室内用シクラメンは毎年新しい品種が次々と発表されているため、多種多様な雰囲気を楽しめるのも魅力の一つと言えるでしょう。
定番の赤なら「レッドブル」、ピンクなら白とのグラデーションとフリルのように柔らかい花弁が愛らしい「ビクトリア」や「プリマドンナ」がおすすめです。シックな色合いが魅力の紫が大人っぽい「セレナーディア」なども人気です。

ウィンターギフト・お歳暮のプレゼントに関するお役立ちコラム