誕生日プレゼントなどのフラワーギフトならイイハナ・ドットコム

夏の花・お中元特集

快気内祝いってどんなもの?

内祝いフラワーギフト

快気内祝いってどんなもの?

思いがけない病気や怪我。気持ちの落ち込んでいる時のお見舞いや励ましの言葉はどんなに嬉しかったことでしょう。そんな周囲の温かな優しさに、快気内祝いで感謝とお礼の気持ちを伝えたいですね。

内祝い特集

快気内祝について

内祝いとは本来、お祝い事のあった家がお祝い事のお披露目として親戚やご近所など近しい人に贈り物をしたのが最初です。そのため、その本来の意味合いからすると、病気が全快したことをみなさんにお知らせするのが「快気内祝い」ということになりますが、現代は「快気祝い」と合わせて少し違った意味合いで使われることが多いようです。

それは内祝いが本来の意味ではなく、お祝いのお礼として使われることが多くなったことに関係しています。入院や療養中についてはお見舞いをいただいた人に対して、お礼と感謝の気持ちを表すことを「快気祝い」「快気内祝い」と言われることが主になってきました。

この2つの区別は、病気や怪我などが完治した場合は「快気祝い」或は「全快内祝い」、退院できたことをお知らせし、ご本人はまだ通院療養中などという場合は「快気内祝い」としているのが現代では一般的です。快気内祝いの場合は必ずしなければいけないものではないのですが、心配してくださった皆さんにひとまずお礼をしたいという意味では、無理のない範囲でお贈りしても構わないと思います。まだ闘病中であって、とりあえずお見舞いのお礼だけをしたい場合は「お見舞いお礼」となります。

快気内祝いに選ぶ物は「病気をあとに残さない」という意味をこめて、消耗品や食べ物を選ぶのがよいと言われています。いただいたお見舞いの三分の一から半額くらいのを目安に、お菓子の詰め合わせや紅茶、コーヒーなどの食品が価格調整も楽で選びやすいです。また「病気を洗い流す」という意味で石鹸や洗剤の詰め合わせなども選ばれます。

贈る物に迷った場合はお見舞いをくださった方々に一律カタログギフトをお送りするのも方法です。快気内祝いに関しては、その品物を記念に残すといった種類の物ではないので、相手のお好きな物を選んで楽しんでいただけるカタログギフトはなかなか便利に使えます。

そのかわり、快気のご報告なのでなるべく「おかげさまで元気になりました。」「お見舞いありがとうございました。」などのお礼のカードをつけるか、別に礼状などを送ると相手の方も安心され、喜んでいただけます。快気内祝いを贈る時期は退院後1週間から10日くらいまで、遅くとも1ヶ月以内には贈るようにしましょう。

大丸・松坂屋の内祝いギフト

大丸・松坂屋の内祝いギフト

大丸・松坂屋の内祝いギフト

人気ランキング

バイヤーおすすめ Pick upアイテム

前へ

次へ

各種内祝いに関するお役立ちコラム

内祝いのプレゼントに関するお役立ちコラム

内祝いフラワーギフト

内祝いフラワーギフト

PAGE TOP