誕生日プレゼントなどのフラワーギフトならイイハナ・ドットコム

母の日特集

新築祝いにまつわるのしの書き方・選び方

フラワーギフトが満載!お急ぎオーダーなら最短翌日お届け可能

新築祝いにまつわるのしの書き方・選び方

日本古来のラッピング方法、熨斗(のし)。のしに込められた色々な意味合いを知れば知るほど奥深い思いが伝わってきます。では、新築祝いののしの場合はどうでしょうか?新築祝いにふさわしいのしの書き方・水引の選び方を確認しましょう。

新築・引越し祝い特集

新築・引越し祝いについて

そもそも熨斗(のし)とはもともと干してのした鮑のことです。昔は贈答品に魚などの「なまぐさもの」をつけるのがならわしでした。それが簡略化され、するめや干し鮑などの干物をつけるようになりました。のした鮑は栄養価が高く長持ちすることから昔からお供えものや出陣の日のお供え物として使われてきました。それがのちに、のした鮑を紙に包んだものを贈答品につける習慣に代わり、現代ではそのスタイルのみが残り、最終的にはのし紙の図柄が印刷された祝儀袋が出てきました。今は本来の形に大胆なアレンジを加えた美しいデザインののしなども出てきています。

新築祝いの熨斗(のし)の表書きは「御新築御祝い」「御新築祝」「祝御新築」などと書き、紅白花結び(蝶結び)の水引を使ったのしやご祝儀袋を使います。新築祝いのお返しののし紙は同じく紅白花結びの水引で表書きは「新築祝」「内祝」とします。引越し祝いの場合も紅白花結びの水引ののしやご祝儀袋で、表書きは「御祝」「引越し祝い」「お餞別」「おはなむけ」とします。

のしにつける水引は結び方で意味があります。結婚祝いや病気の快気祝いなど、二度と繰り返さないのが前提のお祝い事には、固結びの形の結び切りの水引を使います。反対にそれ以外の、何回か繰り返すことが想定できる、例えば入学祝いや引越し・新築祝い、お礼ごとなどには何度も結び直せるという意味合いで花結び(蝶結び)が使われます。もうひとつよく見かける物にあわび結び(あわじ結び)があります。これは結び目が複雑に絡み合っていて、絡み合った互いの輪が長生きと長持ちの印という意味合いがあり、簡単にはほどけないということで、いつまでも長いおつきあいをという願いが込められています。先述した縁起物の干し鮑に形が似ていることから贈答品に使われ、この名前がついています。

他に、新居への引越しに伴い、お引越し先のご近所への挨拶には、紅白蝶結びののし紙をつけて名字か世帯主の名前を入れた小さめのお土産を配ります。タオルやお菓子などが一般的ですね。

新築を建てるということは、一生に何度もあることではありません。だからこそ、大切なあの方の新築祝いには、あなたの気持ちがしっかりと伝わるように、のしの書き方にも気を使いたいですね。

人気ランキング

バイヤーおすすめ Pick upアイテム

前へ

次へ

新築・引越し祝いに関連するコラム

誕生日フラワーギフト

誕生日フラワーギフト

PAGE TOP