誕生日プレゼントなどのフラワーギフトならイイハナ・ドットコム

クリスマス特集

新築祝いのお返しに、思い出に残るお披露目会を

フラワーギフトが満載!お急ぎオーダーなら最短翌日お届け可能

新築祝いのお返しに、思い出に残るお披露目会を

現在、日本では年間約600万人近くの人が引越しをするといわれています。しかし、引越しが身近になりつつある反面、友人などに贈る引越し祝いをどのようにしたらいいのかわからないという方もたくさんいるはず。ここでは引越し祝いのマナーについて紹介します。

新築・引越し祝い特集

新築・引越し祝いについて

欲しい物を長年我慢してやっと手に入れた念願のマイホーム。友人を招待しておうちのお披露目をかねてホームパーティ形式でおもてなし。新築祝いをいただいた方をご招待することが多いお披露目会ですが、内祝いというものの本来の意味は、お祝いの喜びを親しい人たちに分けるということですので、新築祝いをもらっていない方もご招待して良いのです。この場合大抵の方はその日にお祝いを持参してくださるのでそのことも考慮に入れておきましょう。

お披露目会の日時の設定ですが、転居してちょうど落ち着いた頃、1ヶ月後か2ヶ月後、きちんとするなら大安や友引の日を選びます。ご招待する方の都合を聞いて、新居に迷わず来られるよう案内図をつけた招待状を送るのが丁寧です。

時間帯は家を見てもらう訳ですから、家の外観や家からの外の眺めなどがよくわかる昼間にします。お披露目は招待した家の持ち主が各部屋を案内してまわります。お客様を案内する時、もし先にいただいている新築祝いの品があったら飾っておくのがマナーです。自分の送った物を使ってくださっているのを見てお客様も嬉しく思うことでしょう。

用意するお料理の内容は、昼間ならばそれほど大袈裟なものでないことが多いです。サンドイッチやお寿司など話しながらつまめるものでよいでしょう。地方によってはきちんとしたお料理を用意する所もあるので気をつけましょう。お料理の内容にもよりますが、食前酒や美味しいお茶、コーヒーなどと一緒につまめるお菓子などは、出すタイミングに気をつけて、お客様がゆっくり会話を楽しめる雰囲気づくりも大切です。

内祝いとしての意味も持つお披露目会。ゲストへの感謝の気持ちを込めて、思いやりあふれるおもてなしを心掛けましょう。

最後に新築祝いにお呼ばれした人たちの立場から。お披露目までにお祝いを贈っていなければ用意して当日持参します。当日までに用意できなければ、とりあえず当日楽しめるワインやお花、お菓子などを持参して、招待してくださったお家の方にひと声かけてあとで新築祝いをお送りしてもよいでしょう。お家のお披露目ですが、親しい間柄であっても勝手に家の中を見て回るのは避けましょう。また、案内していただいている間はお家の良い所をみつけて褒めるようにしましょう。家の方はその人なりのこだわりを持って建てていますので批判は厳禁ですよ。居心地の良い新居でお披露目会を存分に楽しむことが一番の新築祝いになるのです。

人気ランキング

バイヤーおすすめ Pick upアイテム

前へ

次へ

新築・引越し祝いに関連するコラム

誕生日フラワーギフト

誕生日フラワーギフト

PAGE TOP