誕生日プレゼントなどのフラワーギフトならイイハナ・ドットコム

夏の花・お中元特集

人と人とをつなぐ、思いやりの出産祝いマナー

出産祝いフラワーギフト

出産祝い マナー

慶事、いわゆるお祝いごとには、様々な決まりごとやマナーがあります。出産祝いのマナーもその1つ。新たな生命が誕生するという特別な出来ごとでも、あなたの些細な思いやりがとても喜ばれることでしょう。

出産祝い特集

いつ贈る?出産祝いマナー

出産祝いは、誕生して7日目を祝う「お七夜」から、1ヶ月前後に赤ちゃんの健やかな成長を神々にお祈りする「お宮参り」までの期間に贈るのが風習とされています。その風習を踏まえつつも、無事の出産と母子の健康を十分確認した上でお祝いを贈るように心がける必要があります。直接届ける場合も、母子の状態を考え、事前に状況判断をしたのち伺うのが出産祝いを渡す際のマナーです。

何を贈るといい?

喜ばれる出産祝いについて考えてみましょう。生まれた赤ちゃんのプレゼントを贈ることが一般的ですが、母親へのねぎらいの気持ちも添えて贈ると気配りが相手に伝わります。母親へは、着用してストレスにならない、くつろげるインナーウェアやお洒落なエプロン、あるいは、疲れを解消し安らぎをもたらす淡い香りのアロマオイル・入浴剤などのプレゼントが適していますね。

赤ちゃんへの出産祝いに目を向けると、人気はやはりベビー服です。しかし、サイズ選びは慎重に。大きすぎても小さすぎても赤ちゃんにとってはストレスです。成長したときのお出かけ用など、少し大きめのサイズを贈るのが安心ですね。また、誤って舐めたり、口に含んでも安全な加工がしてある上質な木のおもちゃや、バラエティに富んだ仕掛けが施された絵本を贈る方も増えています。長く使っていただけるおもちゃは、贈られる側はもちろん贈る側にとっても、嬉しいものです。

サプライズを意識したプレゼントは必ずしも喜ばれるとは限りません。高価なもの、派手なもの、大きなものなど、少しでも困ってしまうような出産祝いはマナーに欠けていると思われてしまうかもしれません。

欲しいもの、もらって嬉しいものは人それぞれ。親しい友人、親戚、職場の上司…相手への理解度や関係性次第でもマナーの捉え方が変わります。現金、商品券などを贈ることも立派な思いやりです。生活がガラっと変わることも多いので、使い勝手の良い方が喜ばれることもあります

思いやり・マナーとは、相手の立場に立ってみて「どうされたら嬉しいか」という思考の繰り返しです。そのような些細な思いの積み重ねが、人と人との心をつなぐことでしょう。

人気ランキング

バイヤーおすすめ Pick upアイテム

前へ

次へ

出産祝いのプレゼントに関するお役立ちコラム

出産祝いフラワーギフト

出産祝いフラワーギフト

PAGE TOP