誕生日プレゼントなどのフラワーギフトならイイハナ・ドットコム

敬老の日ギフト特集

愛され続ける誕生日ケーキの歴史と魅力

誕生日フラワーギフト

誕生日 ケーキ

今日は誕生日、明かりを消した部屋に浮かび上がるろうそくを灯した誕生日ケーキ。本当に嬉しい瞬間ですよね。上手に吹き消したらよい1年が待っているかも。

誕生日プレゼント特集

誕生日ケーキの歴史について

誕生日ケーキの歴史は古く、ギリシャ神話の中に既に誕生日にケーキにろうそくをたてて祝うという記録があったそうです。それが書かれた時代、既に誕生日に限らずお祝い事にはケーキにろうそくを灯すという習慣があったようです。その時のケーキはもちろん今のようなものではなく、パンのような焼き菓子でした。そののち18世紀のドイツの子どものお祭りで、ケーキに年の数+1本のろうそくをたててお祝いするという習慣が行われています。今の誕生日ケーキの原点はおそらくそれなのではないかと言われています。

その後何十年の年月を経て、各国に独自にできたいろんな習慣と混じり合い、ケーキというお菓子の形もどんどん洗練されて、現在の「誕生日ケーキに年の数だけろうそくを立て、一息で吹き消す。」というお祝いの形に定着していきました。外国には一息で消せたら願いが叶う、と言われているところもあるとか。

日本には明治時代以降にその習慣がまるごと輸入され、そのまま定着したものと考えられます。誕生日ケーキは最初はフォンダン(糖衣)がけの堅いケーキ→バタークリームケーキと変遷し、「苺などのフルーツと生クリームを飾ったデコレーションケーキにろうそくを立てる。」というのが一般のイメージとして定着していきました。

最近の誕生日ケーキ事情について

現代は食べ物も豊富になり、人々の嗜好も多種多様、いろんな魅力的な誕生日ケーキが出てきました。ベースになるケーキも抹茶ムースやチーズケーキ、シュークリーム、プチケーキ、フルーツタルトなど、主役の人のお好みの誕生日ケーキがほとんどの場合用意できます。

お子さんには好きなアニメキャラクターを表面一面にチョコレートやジャムで描いてくれるサービスや、くまなどの動物やいちご、または人気テーマパークのキャラクターなどの立体ケーキなども登場してきました。やっぱり誕生日ケーキはお祝いのシンボル。立体ケーキのインパクトはなかなかです。アイスクリームのケーキもおいしい物がたくさん登場して、ごちそうのあとのデザートにも食べやすいと人気です。

今年の誕生日はじっくり選んだお気に入り誕生日ケーキで特別なひとときを過ごしてくださいね。

人気ランキング

バイヤーおすすめ Pick upアイテム

前へ

次へ

誕生日のプレゼントに関するお役立ちコラム

誕生日フラワーギフト

誕生日フラワーギフト

PAGE TOP